モノクロ

柳井伸彦

よこやまなおき君へ

どうも、なんだかここのところ毎回告知でもなく明るいことでもなく、
申し訳ない気もするのですが、
何かを書こうと思いたったときはどうにも・・・。

今回はまた別の、記事と言うよりは「ほぼほぼ日記」、
つまり独り言のようなことを再度更新させていただきます。
まあ、いままで通りですね、はい。

正直迷ったんですが。
ツイッターでも結局何も触れずじまいで。
僕のよこやま君との距離感がとても曖昧なんですね。
でももし僕が彼なら。
なんだっていいから喋ってほしいんじゃないかなと思ったもので。

僕の中にも確かに彼は今でも在る。
そのことを証として残しておくというのは、
どんな些細な事だって良い、あればあるだけいいんじゃないかなと
思ったもので。

僕がよこやま君と最初にお会いしたときの場面は
今でも鮮明に頭に焼きついています。

僕の中学からの地元の友人のところに、
旅行感覚で遊びに行ったときでした。
友人は当時大学生で、大学の漫研に入っていまして、
せっかくだからとその大学の漫研にもお邪魔しに
行かせてもらったのでした。
研究会の皆さんが本当に暖かく接してくださったのを今でも
懐かしく思い出します。
僕ははそのころ介錯先生のアシスタントをしていまして、
「実は介錯先生の大ファンの子が居るんだ」と友人から
聞いていたのですが、
部室にお邪魔していてほどなくすると、
いきなり元気よく満面の笑みで、
当時の介錯先生の執筆していた単行本を
両手で胸に抱えて飛び込んできたのが、
よこやま君でした。

たかだかアシスタントの僕を、
尊敬してくれているような眼差しで、
いろいろと質問攻めにあいながら、
おしゃべりをしたのを今も覚えています。

それから何年後でしょうか。
彼は大学の卒業と同時に、
なんと漫画家を目指して単身上京をしたんだと
聞きました。
すでにデビューが決まってのことだったっけ?
曖昧な記憶で申し訳ない、よこやま君。

そしてすぐに商業デビューが決まって
連載まで行ってしまったんですよね。
このへんは、ごめんね、
詳しく分かってないので、彼や彼の漫研のお仲間の
方達にツッコミが入るかもしれません。

僕は正直、そんなよこやま君のすさまじい行動力と
バイタリティーに嫉妬していたんだよね。

でもあなたの訃報が広まってから、
とてもたくさんのファンの方々の、あなたを悼む声を目にして、
あらためて、すごい作家だったんだなと再認識しました。
嫉妬なんてくだらない感情、本当に申し訳ない。

でもいつも思うんですが、こういう言葉って
ほんと、今更ですよね。
「いや、今言われても」って思うよね。
僕なら絶対思う。ほんと、ごめんなさい。

みんな恥ずかしがっちゃうんですよね。
だめですね、そういうの。


僕が今特に思ってしまうのは、
これはよこやま君のリップサービスというか、
おべっかで言ってくれたことだとは思うんですが、
僕に衝撃を受けて漫画家を目指した部分もあるんだと
言ってくれたことなんですね。

僕がよこやまくんの人生の道程に、
少し矢印をつけてしまった部分も
あったのかなと思うところなんです。

自意識過剰、はなはだしいかも知れないんですが。

そんな彼が孤軍奮闘して上京したというのに、
僕は少し距離を置いてしまっていたところが
あったと思います。

先に触れた嫉妬というのも少しあったかも知れませんが、
ほんっとくだらない事なんだけど、
なんだか距離の詰め方が分からなかったというのも
あったんです。

これも単なる自意識過剰だったらほんと
お恥ずかしいというか、それならそれで
安心するところなんだけど。

それで、僕がまだアシスタントをしていたときだったと
思います。確か僕がツイッターで何気なく、
「メイド喫茶とか行ったこと無い」などと
つぶやいたときに、
「じゃあ行きましょう!」とすぐに返してくれて、
初めて秋葉のメイド喫茶に一緒に行ったんです。

彼と会ったのはそれが最後になってしまいました。

そのときもやっぱり変わらず漫画のことを熱心に
語っていましたよね。
ここ数日、ツイッターなどでの色んなお知り合いやご友人の声を目にして、
彼は誰に対してもそのときと同じように
まっすぐで熱い人だったんだなと、あらためて感じました。

僕が今思うのは、
よこやま君が漫画と共に歩む決意をしたこと。
いや、
彼なら「最高に決まってる!」と返すに決まってますね。

ただ、だとしても、全然足りないよね。
まだまだ描いて描いて描きまくりたいにきまってます。
悔しくて仕方が無いはずだよね。

本当に、残念で仕方が無いです。

僕がこれからできることはなんだろう。
彼の分まで、なんてくだらない事は言えない。
彼自身が描きたいに決まってるのだから。

それでも、とりあえずは、描こう。
描けるだけは、無理しすぎず描いて、
いつかなるべくおみやげ話を持って行きます。


よこやま君が亡くなったということを、
僕はただネットと友人を通して伝え聞いただけですので、
詳細を知りません。

よこやま君、こんなところで申し訳無いですが、
あなたの証をここにも残しておきました。
微力すぎてごめんね。


すごく考えるんだけど、こんなところに
ちょこっと書いたところで何になるんだとも
思うんだけど、無理に広めるのも何か違う気がして。

とりあえず、今はこのくらいですが、記しておきます。

よこやま君、
こういうとき、いつも思うんですが、
すごく気の利いたことをお伝えしたいんですが、
今更ほんとに何を言ってもですよね。

漫画家 よこやまなおき君、

心より、ご冥福をお祈り申し上げます。



柳井伸彦



テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/09/20(木) 22:31:15|
  2. ソノタ
  3. | トラックバック:0

もっと気軽に。

6月です。(明けて深夜)

え~、ここ、ほんとに誰が見てるかも分からないような
ひっそりとしたブログとなっておりまして。

まぁ、たいていそんなもんなんだとは思うんですが。

こういうのって大体このままいくと広告に埋め尽くされて
終了というパターンなんですけど、
こうなると逆にですね、
意地でも続けるぞと(笑

もっと更新したらツイッターに
はっつけたりなんだりとして宣伝すればいいんですけど、
どうもそういうのが苦手でして。
ツイッターもあまりつぶやかなくなっちゃいましたしね。
ちょくちょく見てはいるんですけどね~。

なんかもう今の世の中ほんとに難しいですね。
どれだけ些細なことでもつぶやこうとする前に
すごく考えてしまうんです。
でもみんながそうなっちゃったら面白く無いですからね。
僕のように慎重になっちゃう人もいれば
どんどんくだらないことでもちょっとばかり過激なことでも
つぶやく人も居て良いかなと個人的には思います。
それでもやっぱりそれによってあまり誰かを傷つけてしまっては
良くないんですけどね。

まぁ、そんなわけで、
これからはもっと気軽にふと思った事を、それこそ
つぶやきのようにもう少し頻繁に更新していこうかなと・・・

思っております。

そういうわけで6月1日・・・
もうおわかりですね?


そーですそーです。

ヒーローズです。

さぁ。

どうぞ、セブンイレブンへ。

こだわりたまごのカスタードプリンとヒーローズ、
イッツワンコイン。

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/06/01(木) 02:48:35|
  2. ソノタ
  3. | トラックバック:0

メールアドレス変更のお知らせ

実はプロフィール欄にメールアドレスを載せていましたが、
以前のメールアドレスは極たまにですが不具合を起こしていました。

万が一、送っていただいたメールが届いてない方が
いらっしゃいましたら、大変申し訳ありません。

今度からは新しいメールアドレスの方に
お願いいたします。
yanainobuhiko☆marble.ocn.ne.jp
(☆を@に変更)

※一応、以前のメールアドレスも変わらず使用していますので、
ご安心ください。

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/10/23(金) 15:15:50|
  2. ソノタ
  3. | トラックバック:0

コミックスとアンソロ

もうすぐコミックス6巻と魔弾アンソロが発売されます。

詳細を書きたいんですが・・・

ただいま絶賛原稿中でして。

これが終わったらまた改めて宣伝等させていただこうかと
思っています。

く~~~~っ!

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/10/22(水) 01:49:40|
  2. ソノタ
  3. | トラックバック:0

Amazonさんのコミック「魔弾の王と戦姫」に関して

どうもアマゾンのほうで在庫切れになっているようです。
加えて1,2巻に関しては新装版なるものと2件ひっかかってしまいますし、
4巻など、画像が反映されていなかったりします。

新装版に関しては、KADOKAWA統合後に新たなISBNが発行されたもの
が、これに当たるようです。

もしご購入を検討してらっしゃる方がおられましたら、
今しばらくお待ちいただければと思います。


いや、もう・・・ほんとに・・・

ここだけでも言わせてください。



ありがとうございまぁぁぁぁあぁぁlっす!!!1

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/10/08(水) 02:05:28|
  2. ソノタ
  3. | トラックバック:0
次のページ